学長挨拶・沿革

淑徳大学短期大学部 > 学校案内 > 学長挨拶・沿革
学校案内メニュー

進んで社会に貢献できる人材を
<共に生きる喜びを>

淑徳大学短期大学部は、1946年(昭和21年)の戦後の混乱期に、「今こそ将来の日本を支え社会で活躍できる人材の育成に」と学祖・長谷川良信先生によって創立された「淑徳女子農芸専門学校」を起源に、1950年(昭和25年)淑徳短期大学として誕生しました。以来、大乗仏教の教えである「共生(ともいき)」を建学の精神に掲げ、「宗教」「社会事業(福祉)」「教育」の三位一体の理念のもとに、即戦力として、福祉活動を含め社会に貢献できる人材を数多く輩出するとともに、常に時代の変化に対応した教育を行ってまいりました。2006年(平成18年)の創立60周年を機に、男女共学とし、「福祉」「こども教育」「医療」を中心とした、人間性豊かなスペシャリストの育成に取り組んでいます。
そして、2014年(平成26年)また新たな一歩として淑徳短期大学の校名を改め「淑徳大学短期大学部」として、淑徳大学との連携を深め教育内容、教育環境、学生支援、就職支援等の充実を図り、さらなる発展を求めてまいります。
21世紀に入り、我が国の健康・福祉への関心はますます高まり、その役割は重要性を増しています。少子高齢社会はさらに進み、社会保険の問題、高齢者の孤独死、子どもや母親が地域から孤立するといった新たな問題を生み出しています。
社会の変化は速く大きく激しく、予測の難しい時代です。また、地球環境の変化、天変地異等人間の力では遠くおよばない異変が、いつ起きても不思議はないとされています。
こんな時代だからこそ、人と人との絆を深め助け合い、自然や地域と融合しながら「共生(ともいき)」していくことの大切さが見直されています。学祖・長谷川良信先生が説いた「ともに生きて、ともに活かし合う」心は、今まさにグローバルスタンダードとして、世界から求められるべき必要不可欠な要素といえます。
私たちは、創立より揺るぎない「共生(ともいき)」の精神を育み、より良い社会の実現と、そこで求められる社会へ出て「即戦力」として自立し、助け合い、活躍できる人材育成に全力で取り組み、さらなる発展を図っていきます。



淑徳大学短期大学部 学長
前原 英明
Hideharu Maehara


沿革

淑徳大学短期大学部の前身は「淑徳女子農芸専門学校」として昭和21年に創立。「宗教と社会事業と教育」の三位一体の理念のもと、「共生」を建学の精神に掲げ、進んで社会に貢献できる人材の育成をめざしています。
  • 1946年 
    淑徳女子農芸専門学校創立
  • 1950年 
    学制改正により淑徳大学短期大学部となる
  • 1961年 
    社会福祉科増設
  • 1969年 
    農芸栄養科を食物栄養学科に変更
  • 1970年 
    社会福祉科を社会福祉学科に変更
  • 1987年 
    英語学科、国文学科を増設
  • 1991年 
    社会福祉学科を社会福祉専攻と介護福祉専攻に分離
  • 1996年 
    英語学科と国文学科を淑徳大学国際コミュニケーション学部に改組
  • 2003年 
    音楽情報棟(現1号館)完成
  • 2006年 
    こども学科開設/短期大学基準協会による認証評価「適格」と認定
  • 2007年 
    男女共学実施/4・5 号館完成
  • 2010年 
    こども学科を150名に定員変更/社会福祉学科 医療事務・秘書コースを増設
  • 2012年 
    こども学科を250名に定員変更
  • 2013年 
    短期大学基準協会による認証評価「適格」と認定
  • 2014年 
    淑徳大学短期大学部に名称変更/社会福祉学科を健康福祉学科に名称変更