こども学科 先輩の声

淑徳大学短期大学部 > 学科紹介 > こども学科 > 先輩の声
学科紹介メニュー

卒業生・内定者からのMessage
~Shukutanからつながる未来~

確かな知識と技術、そして思いやりの心を育んだ学生たちは、毎年それぞれの夢をかなえて社会へ羽ばたいています。淑徳大学短期大学部で身につけた「人と社会を支える力」は、一人ひとりがめざす未来につながっています。

子どもの将来を見すえながら
成長段階に合わせた保育指導を心がけています

戸田市の保育士として市立保育園で働き始めて、3年になります。1年目は目の前の業務をこなすことで精一杯でしたが、2年目からは少しずつ新しい提案なども出せるようになりました。また、「進級した時のために、今、子どもたちが身につけておくとよいこと」など、子どもの将来を考えた保育指導ができるようになりました。就職先に戸田市を選んだのは、子どもと、比較的若い世代の方が多い地域のため、子育て経験のない保護者のお手伝いができたらよいなと思ったからです。保育園で実際に働き始めると、大学で学んだことは全て役立つことばかりだと実感しました。現在もほかの園の公開保育や、発達相談の巡回指導に参加するなどして勉強する毎日です。将来は、職場の仲間に信頼され、後輩のお手本になるような保育士になりたいです。
戸田市立喜沢南保育園 勤務
平居 亜澄 さん
2014年3月卒
川口市立川口高等学校 出身

めざしたいのは子どもの気持ちや変化に一番に気づける先生です

就職活動のために内定先となった園を見学に訪れた時に、園長先生と、私自身の幼児教育観をふくめて詳しくお話しをすることができました。園の方針や雰囲気などに納得し、ぜひ働きたいと強く望んだことが、良い結果につながったと思います。授業や実習を通して、子どもにかかわる仕事の難しさを実感することもありましたが、何より子どもの成長を見守るという幸せを感じました。私は、子どもの感情や日々の変化に、「気づく力」を持った先生をめざして、頑張っていきたいです。
学校法人秋津学園 秋津幼稚園 あきつ認定こども園 内定
利根 なお子 さん
2016年3月卒
埼玉県立川越南高等学校 出身

志を同じくする仲間と共に学び 公務員採用試験に合格

小さな子どもの面倒を見ることが好きなので、一度社会人経験を経てから淑徳大学短期大学部に入り直して幼稚園教諭免許と保育士資格を取得しました。就職先としては、最初から公務員をめざしていたので、勤務したい自治体の過去の試験の出題傾向や政策の特徴などを早い段階から研究して、対策を考えました。勉強の途中で集中力が切れそうになることもありましたが、同じように公務員をめざす仲間や学校のサポートがあったおかげで、乗り越えることができました。
東京都新宿区II類(保育士・福祉・児童指導) 内定
佐藤 祐太郎さん
2016年3月卒
福島県立双葉高等学校 出身