医療事務・秘書コース 先輩の声

淑徳大学短期大学部 > 学科紹介 > 健康福祉学科 社会福祉専攻 医療事務・秘書コース紹介 > 先輩の声
学科紹介メニュー

卒業生・内定者からのMessage
~Shukutanからつながる未来~

確かな知識と技術、そして思いやりの心を育んだ学生たちは、毎年それぞれの夢をかなえて社会へ羽ばたいています。淑徳大学短期大学部で身につけた「人と社会を支える力」は、一人ひとりがめざす未来につながっています。

多岐多分野にわたる大学病院での仕事は学ぶことが尽きません

現在は、大学病院の外来係で、治験や労災関係の請求などの業務を担当しています。大学病院での医療事務は、仕事が細分化され専門性が高いため、絶えず新しい知識を吸収し、学ぶ姿勢が求められます。医学・薬学の基礎知識や医療事務に関する知識は、働き始めて大切さを実感しました。これから医療事務をめざす方は、在学中にしっかり学んでほしいと思います。就職活動では、病院の見学会にまめに足を運び、職場の雰囲気を知るよう心がけました。私は面接が苦手だったので、大学の就職対策講座や模擬面接などに参加して練習しました。これからも、業務内容を積極的に学び、周囲から信頼される職員になりたいと思っています。(東京医科歯科大学医学部附属病院 小倉 優香)
国立大学法人 東京医科歯科大学 医学部附属病院 勤務
小倉 優香 さん(左)
2015年3月卒
銚子市立銚子高等学校 出身
久保敷 千里 さん(右)
2015年3月卒
新潟県立新井高等学校 出身

積極的な学生生活が人間性を豊かにし自分の強みになります

けがで通院をしていた時に、病院の窓口の方が優しく相談に乗ってくださり、力づけてもらった経験から、同じ立場で誰かを支えたいと思い、医療事務の仕事をめざしました。在学中は、医科医療事務管理士、医療秘書技能検定2級、医事コンピュータ技能検定などの資格を取得するだけでなく、学内行事やボランティア活動など、興味を持ったことには何でも取り組みました。多くのことをやり遂げた経験が自信につながり、就職活動で自分をアピールする際にも一番の強みになったと思います。

獨協医科大学越谷病院 内定
山下 友美 さん
2016年3月卒
埼玉栄高等学校 出身

震災時に来てくださった医療チームの方の笑顔が私の夢の原点です

中学3年生の時に、福島県で東日本大震災にあいました。家族と共に不安で辛い思いをしていましたが、救援に来てくださった病院の方の笑顔や励ましに力づけられ、私も医療にかかわる仕事をめざそうと決めました。入職後は、日本医科大学にある災害派遣医療チームD-MATの研修制度にぜひ参加したいと思っています。就職活動では試験や面接の対策に苦労しましたが、ゼミの先生が親身にサポートしてくださり、心強かったです。

日本医科大学付属病院 内定
菅野 彩夏 さん
2016年3月卒
福島県立福島南高等学校 出身