学科・コースブログ
学科・コースブログのキャッチ
介護福祉コース 2019.02.19

介護実習 記録の書き方教えます!

介護学生1年生は第2段階実習へと進みました!!

おめでとうございます!!

淑短介護福祉コースでは、学生のみなさん方の実習が、充実した実り多いものになるよう、指導を丁寧に行っています。まずは、実習中に巡回して指導していく先生方との打ち合わせの時間をつくっています!

DSC_1559.JPG

DSC_1562.JPG

1人の先生は、学生2~4名を担当しますので、とってもゆっくり、みなさん方の心配なこと、悩みに寄り添いながら準備を進めていくことができます。

とっても安心でしょ!!

DSC_1564.JPG

DSC_1561.JPG

介護実習記録の書き方は、たくさんの介護学生のみなさんの悩みの種だと思います!

こっそり、書き方の秘訣をお教えいたします。

まずは、日々録の「自己の目標」のポイント!!

1.JPG

2.JPG

3.JPG

①何について行いたいのか、②どのように行いたいのか、③何のために行いたいのかを書くようにすると、上手に書けます!!

たとえば、ダメな目標の例:1.食事介助を行う。

             2.コミュニケーションをとる。

             3.排泄介助を学ぶ。

このような形ではなく、たとえば、

1.食事摂取量が増えるように、介助のタイミングや声かけを工夫しながら食事介助を行う(学ぶ)。

1.誤嚥予防のために、利用者様の嚥下を確認しながら食事介助を行う。

2.利用者様の思いを知るため、表情やしぐさにも注意しながらコミュニケーションをとる。

3.羞恥心に配慮したオムツ交換ができるようになるため留意点を学ぶ。

3.利用者様の自立支援を考えながら残存機能を活かした排泄介助の方法を学ぶ。などなどです。

4.JPG

さあ!!みなさん、頑張ってみましょうね。

TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー