学科・コースブログ
授業の様子をご紹介します!

介護福祉コース 2018年度

介護実習に向けて、食事介助を学びました。
2018.07.20

誰にとっても食事は喜びであり、楽しみでもあります。介助が必要になったとしても、食事がいつもと変わらず、満足感や幸せな気持ちになるものであるべきだと考えます。利用者さまが「美味しい!」と感じて、しかも安全に食事摂取ができるように、学生さんたちは一生懸命に演習を行いました。

1.JPG

まずは、高齢者の食事の特徴を学びました。咀嚼力が低下している場合には柔らかいもの、唾液の分泌が減少していたり、嚥下機能が低下している場合にはとろみがついたものを準備します。まずは、どのようなとろみ食を食べているのか、みんなで試食してみました。

DSC_1150.JPG

DSC_1149.JPG

さあ、次にはプリンをお互いに介助してみましょう。

2.jpg

4.JPG

一回量に配慮し、またスプーンの角度や嚥下の確認をしました。また、胃腸の働きが活発になる副交感神経が優位になるように、リラックスした環境、和やかな雰囲気で、介助を心がけました。

もっと見る
淑短は介護の根拠をしっかり学べます。
2018.07.20

7月 第1回目のオープンキャンパスの体験授業では、「楽に行うことのできる移動動作」のポイントを学びました。

DSC_1209.JPG

介護は辛い、大変というイメージが強いのですが、身体の構造やメカニズム、てこの原理を理解すると、とても簡単に体位変換や起き上がりの介助ができます!!

IMG_1871.JPG

来てくださった皆さま方からの質問に、一生懸命にお手伝いの介護学生がお答えしています。介護する人も、介護される人も笑顔になる介護を目指しています!

IMG_1876.JPG

IMG_1884.JPG

在宅ケアでも活用できる、ビニール袋を活用した簡単な移動介助方法や、移動用リフトの体験もしました。

IMG_1911.JPG

IMG_1916.JPG

卒業生に淑短の特徴を尋ねたら「淑短の先生方は、とても優しく、また丁寧に一つ一つの技術を教えてくれるので、介護技術をしっかり学べます。そして、一つ一つの動作の根拠を理解しながら学べるので、利用者さまに安全な方法をしっかり学べます」と言ってくれました。

IMG_1928.JPG

みどりの葉っぱの木々が透けて見える、明るい実習室で、たくさんの介護技術を体験して頂きました。来てくださった皆さま、本当にありがとうございます。

もっと見る
卒業生から現場の話を聞きました!
2018.07.08

6月のオープンキャンパスでは、午前午後合わせて、16名のみなさまが介護福祉コースにおいで下さいました。本当にありがとうございました。

DSC_1107.JPG

体験授業では、一人ではなかなか入浴できない方にも、気持ちよくゆったりとお風呂に入っていただく「機械浴」の操作ポイントと体験をしていただきました。介護学生2年生がお手伝いをしてくれました。ありがとう!

DSC_1109.JPG

介護福祉コースの説明会では、現在、介護福祉士として頑張って働いている卒業生から現場の話を聞きました!ユニットケアという少人数制で家庭のようなあたたかいケアを実践している特別養護老人ホームに勤務している仲村さんと、一人ひとりの利用者様にゆっくりと関わり、一人ひとりの思いを叶える援助ができる訪問介護を行っている樋口さんが来てくれました。会うたびに、ぐんぐん大人になりしっかりと介護のことを考えていて、頼もしい限りです。

1529311558155.jpg

ご家族のみなさまからもいろいろな質問が出て、介護の現場を知っていただく、とても有意義な時間となりました。たとえば「認知症の人から暴言などを受けたら、どうしているのでしょうか?」と。それに対する卒業生の言葉は「たとえば暴言のような言葉があった場合は、『なぜだろうな?』と理由を考えるようにしています。理由が見えてくれば、それを取り除くようにケアしていくだけなんです。必ず理由があるはずなので、アセスメントしていきます」。

1.JPG

また「学生の頃の自分と変わったことは?」の質問に、「学生の頃は、利用者さんをいろいろな病気や症状を通して見ていたような気がしますが、今は、利用者さまをそのまま、ありのままに捉えることができるようになりました」。利用者さま方との人間関係が良好に築かれ、一人ひとりのみなさまを尊重した関わりができているからこそ、自然に、ありのままに捉えることができているのだと、横で聞いていた私が、一番感動してしまいました!!

1529311543804.jpg

「学生の時の思い出は?」に対して、「実習の時の体験です。ある認知症の方ととても楽しくお話しさせていただき、その方も『あなたとお話しできて楽しかったわ』と大変嬉しそうにしてくださったのですが、次の日には覚えていらっしゃらなかったんです。最初はショックでしたが...、後で考えてみたら、たとえ忘れてしまったとしても、その時に嬉しかった、楽しかった気持ちはほんものだから、それでいい!と思いました。そうした楽しい思い出をたくさんたくさんつくっていこうと、その時に思いました」。

その話を聞いていた2年生の学生は「すごくためになる、深い話でした。勉強になりました。もっともっと先輩方の話を聞きたいです」と言っていました。卒業生のみなさん、在校生がみんな待っていますので、みんなで遊びに来てくださいね!いつでも待っています!!

もっと見る
「医療的ケア」基本研修実技「全員合格」!!
2018.06.25

介護保険法改正により、平成27年度から介護福祉士は利用者様に対して医療的ケア(喀痰吸引法や経管栄養法)の実施が可能になりました。そのため、介護学生は学校で「医療的ケア基本研修」を受講後、演習において「口腔内吸引・鼻腔内吸引・気管カニューレ内吸引」、「胃ろうによる経管栄養・経鼻経管栄養」の実技の習得に向け学習を行います。

1.JPG

学生さんたちは、自分の空き時間や放課後を利用して、演習の前には必ず事前学習を行い、一生懸命に医療的ケア技術習得に向けて頑張っていました。

3.JPG

2.JPG

4.JPG

5.JPG

みなさんの努力のたまもの! みごと! 全員合格!!

最後の頃には、全員がとても上手にスムーズに実践できるようになっていました。

6.JPG

おめでとう!! おめでとう!! 素晴らしい頑張りでした。

もっと見る
あじさい介護!
2018.06.23

じめじめした梅雨の季節ですが、みなさま、お元気でしょうか?

6.JPG

しとしと降る雨の中で、鮮やかなあじさいの花を見かけると、とってもハッピーな気分になりますね。あじさいという名前はギリシャ語の「水の器」という言葉が語源ともいわれています。ちょっと素敵ですね!!

1.JPG

今日は、あじさいの花について、ちょっとお勉強しましょう!

あじさい その1:あじさいの花は、ちっちゃな花がいっぱい集まって咲いているので、「家族団らん」という花言葉があります。みんなでぺちゃくちゃ楽しくおしゃべりしているみたい!

淑徳では、「家族のようなあったかいケア」を学ぶことができます。

2.JPG

あじさい その2:あじさいの花は、咲き始めは葉の色に近い「クリーム色」ですが、日が経つにつれて、「水色」に変わり「青色」へ、そして「あお紫色」から「ピンク色」に変化していきます。

介護の仕事も、一人ひとりの利用者さまの状態や気持ちに合わせて、ケアの方法を柔軟に変えていきます。そのことが、相手の存在を尊重していることだと思います。

3.jpg

4.JPG

もっと見る
前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
TOP of PAGE