学科・コースブログ
授業の様子をご紹介します!

介護福祉コース 2019年度

淑短介護 在宅実習始動!
2019.07.02

在宅実習開始にともない、まずは大起エンゼルヘルプ本社にてオリエンテーションを受けました。

1.JPG

さらに、大起エンゼルヘルプ取締役 訪問事業部 訪問介護担当 部長でいらっしゃる石鍋かおり先生から「在宅介護の実際 ー在宅介護の実習に向けてー」というテーマで特別講演を行っていただきました。

2.JPG

3.JPG

4.JPG

実際にたくさんの利用者さまとの出会い、関わり、ケアの実践を積み重ねていらっしゃる先生だからこそ、一つひとつの言葉に重みがあり、学生たちの心に響いていました。

「見る」と「観察」は何がちがうと思う? 「見守り」「付き添い」「介助」の違いは何だと思う?

といった、学生が考えやすい問いかけを多くしていただき、得るものがとても多い講演でした。

5.JPG

学生たちは在宅介護実習への不安が解消され、楽しみになりレディネスが高まりました。本当にありがとうございました。これからも、ずっとずっとご指導をよろしくお願い致します。

もっと見る
まずは介護を楽しむ!自然を楽しむ!
2019.06.29

笑顔になるのはどうしてだろう? どうして幸せな気分になるんだろう?

50.JPG

みんなと一緒に勉強できるからだろうなあ!!

たのし~!

もっと見る
教えて! 介護の先輩!!
2019.06.28

4年前の卒業生が遊びに来てくださいました!!

二人とも、とってもとってもすてきな介護福祉士に成長していましたし、明るく楽しそうに介護の現場で働き続けています!!

明るくほがらかな卒業生の姿をみていると、介護の現場は「利用者さまの幸せな生活」を実現しながら、「介護者の生活・人生も幸せに」導くんだなあと、しみじみと感じます。

介護は素晴らしい仕事です。

ここで、卒業生のみなさまに質問です! ここはどこでしょうか?

忘れちゃった人は学校に遊びにきてね!

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

もっと見る
淑短介護学生の「車いす講座」
2019.06.25

車いすの操作において「段差」のある場所での介助はちょっとした技術を要しますね。

いかになめらかに、利用者様に衝撃を与えたりせず、怖い思いをさせずに移動介助できるかが問題となってきます。では、順を追って、ゆっくりとポイントをご説明いたしましょう。

21.JPG

22.JPG

23.JPG

24.JPG

もっと見る
ときには...和様で。
2019.06.24

むしむしじめじめする季節になりました。お元気でしょうか?

でもあじさいがとてもきれいに咲きだし、美しい季節でもありますね。

DSC_2172.JPG

DSC_2170.JPG

和様とは、日本風、日本流、和風といった意味です。書においては、中国からもたらされた書法を、日本の文化の中で独自に発展させた書体のことを指します。

漢字を、とてもやわらかく、流麗に書きます。そして、平安時代中期以降に、社会制度や文化の和風化が進むと、日本独自の仮名が生まれ、仮名と漢字が調和した「和様の書」が展開されていきます。

日本人は、いろいろなものを柔軟に取り入れ、それを自分たちの感性に合わせて、ダイナミックにはぐくみケアしていく能力が高いですね。

わたしたちのこころの中には、日本文化が育んできた美意識、やわらかく変化させる力、さらにより良いものをつくりあげていこうとするたくましい力をもっています。

DSC_2130.JPG

時には、深呼吸して、自分のこころの声を聞いてみましょう。そして、「介護」という他者をケアする行為にも、和様を取り入れてみませんか。

DSC_2129.JPG

しゅくとくまくんも和様に触れようと頑張っています。

DSC_2131.JPG

DSC_2132.JPG

DSC_2133.JPG

もっと見る
前へ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
TOP of PAGE