学科・コースブログ
授業の様子をご紹介します!

介護福祉コース 2020年度

4か月ぶり!介護2年生ゼミを開催。
2020.06.24

淑徳大学短期大学部 健康福祉学科 介護福祉コース2年生が、3月から数えて4か月ぶりに、みんなで顔を合わせました!!

今日は健康診断を実施したので、その前に30分間だけ、みんなで集合しました。

みんな、お手製の可愛らしいマスク、かっこいいマスク、おしゃれなマスクを付けて、ゼミに参加!!

IMG_8128.JPG

感染防止のための日常生活の送り方や健康チェックの方法、日常生活介護技術演習や介護福祉実習を行うための注意点などを改めて確認し合い、介護福祉士になる者としての心構えをしっかり持ちました。

IMG_8129.JPG

IMG_8131.JPG

IMG_8132.JPG

久しぶりに会おうが、1段づつ空けて物理的な距離は離れていようが、友だちとの「心の距離」は全く変わらず、いつもの明るい安心しあえる空気が流れていました。アイコンタクトでにっこりすれば、わかりあえる!!

マスクをちょっとだけ紹介!!

1.JPG

これからも、慎重な行動を心がけつつ、自分の夢に向かって頑張っていきましょう。

もっと見る
あじさいの季節。みなさんの優しさに触れて!
2020.06.23

学生のみなさんに会えない日々。

でも、zoomで会えるみなさんの笑顔!! そして、メールで近況をいろいろ教えて下さる優しさに、感謝の日々です。

介護学生2年生から、こんなにステキな風景が送られてきましたので、みなさんにも「幸せのおすそわけを!」

1592865886433.jpg

1592865881826.jpg

4月から3か月が過ぎました。皆さん方も知らない間にストレスをため込んでいるかもしれません。

どうか、気持ちの良い風景を見たり、綺麗な花や空を見上げたり、小鳥の声を聞いたり、好きな音楽を聴いたり、好きな本を読んだり、好きなものを食べたり、時には、自分をうーんと甘やかしてくださいね!!!

もっと見る
感染予防対策万全!介護技術演習授業に向けて。
2020.06.19

オンライン授業が進められておりますが、介護教育の中で、とても重要なものに「介護技術演習」科目があります。

教科書を読んだり、また映像を見ることで、方法や理論を理解することはできたとしても、「自分の身体をどのように動かすのか」、「その時、相手はどのような感覚(影響)を受けるのか」、そして「どのような気持ちになるのか」などは十分には理解できません。

ですが、現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況の中、学生のみなさん方の生命、そしてみなさん方の大切なご家族の生命、さらに多くのみなさまの生命の大切さを考えた場合、やはり、充分に考えて考えて考え尽くし、「これで万全だ」と思える慎重な行動・工夫・配慮をとることが、教育者として、学校としての責任であると考えております。

そして、さらに「淑短は、教育を諦めません!」 制限された中においても、知恵を絞り、さまざまな方策を考え、教員同士でも議論し合い、質を落とさない教育を模索し続けています。この諦めない姿勢は、介護・福祉の心に通じます。このような難しい局面でこそ本当の力、本当の思いが試されているともいえます。

淑短では、介護技術演習の授業に向けて、最善と考えられる準備を整えました。

DSC_3009.JPG

1.JPG

2.JPG

3.JPG

DSC_3014.JPG

4.JPG

7.png

5.JPG

換気、手指手洗い等の徹底、健康チェックの継続を行うことで、安全な環境で安心しながら学習に取り組んでいただきたいと思っています。

もっと見る
6月になりました。先輩から後輩へのエール届けます!
2020.06.05

1年生のみなさま!! 遠隔授業も進み、いかがお過ごしでしょうか?

早く、みなさんに直接会って、お話ししたいです!!

遠隔授業にはだいぶ慣れましたか? どうでしょうか?

2年生の先輩方はいつもみなさんのことを、気にかけていますよ。

授業についての、先輩からのエールをご紹介いたしますね。

30.JPG

31.JPG

32.JPG

いろいろ、自分の勉強しやすい方法、環境を整えて、頑張っていきましょうね。

困ったことがありましたら、教員も先輩方もみんなでサポートしていきますので、

みなさん、一緒に頑張っていきましょう!!

もっと見る
オンライン「立ち上がり動作」ポイント3!
2020.05.19

高校生のみなさま! オンライン・オープンキャンパス「ミニ介護講座」をお送りいたします!!

今日は、介護技術担当の星野先生から、「筋力の低下している方でも楽に立ち上がることができる」、とっても役立つポイント3!をお教えいたします。

ポイント1:少し浅く座る

ポイント2:かかとを膝よりも、後ろへ引く

ポイント3:おじぎをするように前傾姿勢になる → 重心が前にかかりやすい

すると、とても楽に立ち上がることができます!



介助する私たちは、この3つのポイントを押さえながら、動作の足りない部分を介助していきます。

すると、しだいにご自身の力でできるようにもなり、自立に向けた援助になります。

ほんのちょっとした知識を持っているだけで、「相手の力を最大限に引き出す援助」が可能になります。

介護って、ほんとうに素晴らしい!!

もっと見る
前へ 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
TOP of PAGE