学科・コースブログ
学科・コースブログのキャッチ
こども学科 2020.05.07

こども学科紹介 前期に学ぶこと

 皆さん、こんにちは。緊急事態宣言が発出されてから約一ヶ月近く経ちました。
学生の皆さんは、ご家庭でどのように過ごされていますか。大学での対面授業は、感染症の状況が落ち着くまでの当分の間、延期となりました。皆さんと顔を合わせて学べること、教職員一同心待ちにしていましたが、今は皆さんの健康と安全を最優先に考えたいと思います。そこで、今回のブログでは、前期にどんなことを学ぶのかをお伝えしたいと思います。

■こども学科での学びはどんなもの?

【1年生】 保育者に必要となる基礎的な知識と技術の土台を作る時期です。英語や情報処理などの一般教養に加え、教育原理や保育原理といった子どもに関する知識・技術を培う内容を学んでいきます。
【2年生】 1年次に身につけた知識と技術、そして1年次の実習の経験に基づいて、実践力を伸ばしていく時期にさしかかっています。自分自身の課題を意識し、将来に向けてさらに視野を広げていけるよう、保育者として必要なより専門的な科目を履修していきます。

以下、通常の授業の一部の紹介が載っています(2019年度こども学科ブログ)。

https://www.jc.shukutoku.ac.jp/blog/child/fiscal/2020/

また、時間割の例はこのようになっています。

時間割例

■自宅学習による前期学びのスタート

 4月末から5月前半までの期間は、各講義で指定された方法によって課題学習等に取り組んでいただいています。今後は、皆さんと教員とが双方向にやり取りをしながら授業が展開していけるよう、より効果的な遠隔授業の実施へと移行していく予定です。
 いつまでコロナウィルスの感染拡大が続くのか、首都圏の緊急事態宣言はいつ解除されるのか、見通しがつかない日々に学生の皆さんも不安を抱いていることでしょう。必ず収束の日はやってきます。私たち教職員は、どうすれば学生の皆さんにとって学びやすい環境を提供できるのか、考え、工夫し、検討を重ねながら進めていきます。皆さんの協力も不可欠です。学生の皆さんと教職員が心を一つにし、最善の行動をとることで乗り越えられることだと信じています。これからも一緒に頑張っていきましょう。

(佐藤純子・打浪文子)

「子育て支援」課題

4月末に提示した「子育て支援」の課題(今後は、遠隔授業へ移行します)

*高校生の皆さまへ 現在、Web上で入試制度の紹介やオープンキャンパス情報をお届けできるようサイトを作成中です。本学ホームメージより発信していきますので、楽しみにお待ちください。
すでに、Web進学相談会は実施しておりますので、ぜひこちらもご活用ください!!
https://www.jc.shukutoku.ac.jp/entrance/web_meeting.html

TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー