キャンパスライフ
イベントや交友で2年間のキャンパスライフも充実に

海外研修旅行

北欧スウェーデン・フィンランドで最先端の実践にふれ、
新たな視点で日本の教育・福祉を理解

海外研修プログラムはヨーロッパを訪問し、現地の専門家との交流や施設視察などを通して、最先端の教育・福祉の実践を学ぶ ことを目的としています。異文化体験により、グローバルな視点が養われ、日本の教育や福祉に対する理解もさらに深まります。

あらためて夢への想いを確認できた研修でした。

海外研修でいちばん印象的だったのは、見学に行った保育園の自由な教育です。決まったプログラムはなく、先生は興味をひくようにおもちゃを置いたりはしますが、基本的には見守るだけ。1歳~5歳が縦割りで4クラスに分かれる異年齢保育なので、分からないことが出てきたときも上の子を真似たり教わったりする雰囲気が自然にできていました。小さなころから自主性を尊重する教育を受けているからか、北欧で出会った子どもたちはみんなものおじせず、とてもフレンドリーでした。この経験から、「子どもたちが本来持っている自由さを引き出せる先生になりたい!」そう思うようになりました。

酒詰 美鈴 さん
こども学科 2018年3月卒 東京都立葛飾野高等学校 出身

海外研修旅行の様子1

※海外研修は自由参加です。別途費用が必要となります。実施時期および期間、プログラムは変更になる場合があります。

海外研修旅行の様子1 海外研修旅行の様子2
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー