学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

こども学科こども学科

どんな時代も子どもたちと共に、
成長できる保育者を育成します。

子どもたちを取り巻く環境は、目まぐるしく変化しています。子育ての孤独化が問題視される今、保育の現場では、子どもたちや保護者を含めた地域社会全体をケアできる人材が求められています。
こども学科では、どんな時代も変わらない幼児教育・保育の本質と原理を学ぶとともに、様々な現場での実習を通して、多様な立場で生きる人々を理解する感性を育みます。どんな時代にあっても常に子どもと共にあり、子どもと共に成長できる人材こそが、本学の目指す保育者像です。

教員ブログ

一覧へ

こども学科の特徴

ポイント1
創立70年の歴史ある伝統校で「福祉」の視点からも保育を学ぶ本学のこども学科は、一般的な保育の知識を学ぶ授業に加え、「乳幼児福祉論」や「障害児援助技術論」など、「福祉」の伝統校でならではの授業を行っています。福祉全般への理解や障がい児のケアな どの専門知識を深めることで、様々な個性や生活環境に合わせたケアが可能になります。子どもたち 一人ひとりに寄り添い、「共に生きる」ための学びを、日々の授業の中で実践しています。
ポイント2
育児セラピスト1級など様々な価値をつけた保育者・教育者になる本学こども学科は、全国に先駆けて「ABMベビーマッサージ・インストラクター」と「育児セラピスト1級」の資格取得のためのカリキュラムを導入しています。赤ちゃんの心と身体のしくみや保護者との 1級」の資格取得のためのカリキュラムを導入しています。赤ちゃんの心と身体のしくみや保護者とのコミュニケーション法など、現場で役立つ知識と技術を学べるだけでなく、スキルの証明となる資格を得ることができます。保育者として子どもと保護者に関わっていく上で、一生ものの資格といえます。
ポイント3
乳児院や母子生活支援施設など多様な実習先で経験を積む本学の実習は、保育園・幼稚園だけでなく、乳児院や医療型障害児入所施設、児童養護施設や母子生 活支援施設などの施設でも実施しています。多様な環境で生活する子どもたちとの出会いを通して、 「利他共生」の精神を育みます。実習を通して様々な立場や価値観を受け入れる感性を磨き、保育者・ 教育者としてはもちろん、人間として大きな成長を遂げることができます。
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー