学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

こども学科こども学科

子どもと共に学び、
成長できる保育者を育成します。

こども学科では、どのような時代でも変わることのない幼児教育・保育の本質と原理をしっかりと学び習得します。
社会生活上困難に直面している子どもや障がいを抱える子どもなど、さまざまな生活・育成環境にある子どもたちに対し、一人ひとりの個を大切に、その子らしく生きていけるようサポートできる保育者を養成します。

教員ブログ

一覧へ

学科の特徴

ポイント1
希望の進路へつながる確かな就職支援保毓士などの専門職で約3,500件の求人依頼があり、2016年の内定率は100%でした。そのうち約95%が専門職に就き、幼稚園や保育所だけでなく、福祉施設や進学など幅広い場面で活躍しています。
ポイント2
創立70年の歴史ある伝統技で[福祉]の視点から保育を学ぶボランティア活動を通じて相互援助の理念を学び、建学の精神である「共生」を理解することにより、福祉(児童福祉)の視点から子どもたちを見守ることのできる幼稚園教諭、保育士を育成します。
ポイント3
付加価値を付けた保育者・教育者を育成本学は、日本初の「ABMベビーマッサージ・インストラクター」「育児セラピスト1級」養成校です。
また、問題解決の相談役を務める「ピアヘルパー」資格の受験に必要な単位修得もできます。
ポイント4
乳児院や母子生活支援施設など多様な実習先で経験を積む本学の実習先には、乳児院や医療型障害児入所施設、母子生活施設など15種前後の児童福祉関連施設があり、実習を通して、保育者、教育者としてはもちろん、人間として大きな成長を遂げることができます。
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー