学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

先輩の声

  • 津田 夏妃さん

    勤務川越市立名細保育園(公務員保育士)

    津田 夏妃 さん
    2018年3月卒
    埼玉県立川越西高等学校 出身

    自分も子どもも共に楽しめる保育を考えていきたいと思っています。

    公立保育園でのアルバイト経験や保育士の母からの勧めもあり、川越市立名細保育園という公立保育園に進むことができました。現在は0歳児(ひよこぐみ)を担当しており毎日バタバタですが、日々成長する子どもたちと楽しい毎日を過ごしています。同僚の方々にもとても親切にしていただき、子どもとの関わり、保護者の方々との関わり方など、親身に相談に乗っていただいています。大学時代に「ABMベビーマッサージ・インストラクター」の資格を取得していたことが今とても役に立っていて、朝のマッサージの時間などに大変活かされています。

  • 亀井 雪萌さん

    内定東京都済生会 中央病院附属 乳児院

    亀井 雪萌 さん
    2019年3月卒
    埼玉県立所沢中央高等学校 出身

    一人の子どもを、入所から退所まで見守れることがやりがいです。

    乳児院には、大人の男性を怖がったり、年齢よりも甘えが強かったり、傷ついた心が見える子どもがたくさんいます。そんな子どもたちの助けになりたいと思い、乳児院を志望しました。内定先は、入所から退所まで、子どもたちとじっくり向き合えるところに魅力を感じました。乳児院の子どもたちにとって、保育士はもっとも身近な大人。母親のように頼られる存在になりたいと思います。

  • 佐藤 ゆずさん

    内定埼玉県蓮田市(公務員保育士)

    佐藤 ゆず さん
    2019年3月卒
    埼玉県立岩槻高等学校 出身

    子どもの好奇心や可能性を自然に伸ばせる保育士になりたいです。

    公立保育園を見学した時、積み木に夢中な子どもがいたのですが、保育士さんは昼食が始まってもせかさず、終わるまで見守っていました。その光景がとても印象的で、市の保育士になりたい、と思うようになりました。面接では落ち着いて自分の気持ちを伝えることができるよう、何度も自己PRを見直し、準備しました。将来は、子どもの中にある好奇心や可能性を自然に広げられる保育士になりたいと思います。

TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー