学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

こども学科の教員一覧

長谷部 比呂美 教授(学科長) 

専門分野:教育心理学、教育相談カウンセリング
担当科目:教育心理学、発達心理学、国語 等

受験生へのメッセージ

優しくあたたかく見守って下さった幼稚園の先生や保育士さんのようになりたい!
小さな頃からの憧れを持ち続けて入学される皆さんが少なくありません。子どもたちが生涯にわたって活き活きと生きていかれるような心と身体を育てるために大切なことは何か、ご一緒に学び考えていきましょう。そして、皆さんたち自身も自分らしく輝いて生きていかれるような土台をこども学科の2年間に培って頂きたいと思います。教職員皆、全力でサポートします。

長谷部 比呂美 教授

佐藤 純子 教授 

専門分野:家族社会学
担当科目:家庭支援論、子育て支援(地域と子ども)、実習指導Ⅱ、総合演習Ⅰ・Ⅱ、教職実践演習、生活

受験生へのメッセージ

保育者は、「子育て・子育ち」を支え応援(支援)する伴走者です。保護者や地域の方々と共に一人ひとりの子どもの発達・成長を喜びあえるような保育者を目指していきましょう。それぞれの家庭を尊重しつつ、子どもの個性や能力が存分に発揮できるように「親子ぐるみ」でサポートしていくことは、重要な保育者の役割です。次世代を担う子どもたちの育成を通じて、自らも子ども・家族・地域とともに成長するという価値観を習得していきましょう。

永房 典之 教授 

専門分野:臨床発達心理学、社会心理学、犯罪心理学
担当科目:発達心理学 、子ども家庭支援の心理学、教職実践演習、総合演習I・Ⅱ(ゼミ)等

受験生へのメッセージ

子どもの発達や支援に関心がある方を歓迎します。心理学の学びを通じて、創造性や感受性の豊かな子どものこころ、子育てに悩む保護者の支援ができる保育者・教師を目指して下さい。資格取得とともに、発達障害、子どもの社会性、社会問題でもある児童虐待の防止といった犯罪予防について専門的に学びましょう!

永房 典之 教授

浜野 兼一 教授 

専門分野:教育学、保育学
担当科目:保育内容総論、教育方法論他

受験生へのメッセージ

保育や幼児教育の領域で学ぶ知識や技術は、そのほとんどが保育現場、教育現場で活かされるものです。これから学び、実践していく学生のみなさんには、学びに対する積極的な姿勢を期待します。積極的な姿勢を示すことができれば、その先には学びの奥深さへの"気づき"があります。学生のみなさんが、日々"自ら学ぶ"ことができるようサポ-トします。

浜野 兼一 教授

前 正七生 教授 

専門分野:教育学(教育史)、養成教育
担当科目:国語、教育課程総論、保育者論、保育内容総論、実習指導Ⅱ・Ⅲ

受験生へのメッセージ

この先どんなにAI化が進んでも、保育や福祉・教育等、人に携わる仕事には、生身の「人」の質が求められ続けます。人が人と過ごし、人と学ぶことそのものに大きな変化が起きている現在だからこそ、「幼児教育」という、最も"人間らしい資質・能力"を育む仕事の深さと面白さについて、共に学んでいきましょう。

前 正七生 教授

矢治 夕起 教授 

専門分野:教育学(教育史)
担当科目:教育原理、教育方法論、保育原理、実習指導Ⅱ・Ⅲなど

受験生へのメッセージ

子どもとその保護者を取り巻く環境は近年大きく変化しており、求められる保育・教育も多様化しつつあります。今日求められている保育・教育を探ると共に、いつの時代も変わらない保育・教育の根本である「子どもの権利を守る」「子ども一人ひとりの育ちを大切にする」保育・教育とはどのようなものなのかを一緒に探求していきましょう。

矢治 夕起 准教授

打浪 文子 准教授 

専門分野:障害児教育、障害者福祉 等
担当科目:特別支援教育・障害児保育、実習指導Ⅱ、総合演習Ⅱ等

受験生へのメッセージ

保育の現場には、障がいなど、さまざまな難しさを抱えた子どもたちがいます。多様な子どもたちに対応するためには、特別支援教育や障がい者福祉の基本となる考え方や、コミュニケーション技術等をしっかりと学ぶことが必要です。現場で子どもたちのありのままの姿に応えていけるよう、保育者としての「こころ」と「わざ」を身につけていきましょう。

打浪 文子 准教授

小薗江 幸子 准教授 

専門分野:臨床発達心理学及び保育学子ども理解
担当科目:人間関係、教師論、教育心理学、保育課程論、実習指導Ⅱ

受験生へのメッセージ

人と関わることを生涯の仕事に選ぼうとしているあなたに心からの敬意を感じます。お子さんやクライアント、利用者さんの最善の利益を考えることが自分自身の人間的成長になるように一緒に学びを作っていきましょうね。

小薗江 幸子 准教授

佐藤 まゆみ 准教授

専門分野:子ども家庭福祉
担当科目:児童・家庭福祉サービス論、社会的養護Ⅱ、社会的養護内容、相談援助、総合演習Ⅰ

受験生へのメッセージ

子どもが地域の中で多くの人と出会い、関わりながら当たり前の生活を送れるようにするために、市町村を中心とする子ども家庭福祉のあり方を研究しています。子どもと保護者を支援する保育者の専門性は、子どもの成長する力と地域における子育て及びその環境を支えており、子ども家庭福祉分野に欠かせない専門職のひとつです。保育・幼児教育という領域の学びを土台にして、子どもの権利や最善の利益を守るための考え方、制度・仕組み、援助方法について一緒に考えましょう。

佐藤 まゆみ 准教授

清水 将之 准教授 

専門分野:領域及び保育内容の指導法「健康」、レクリエーション論(児童厚生分野)、養成教育
担当科目:保育内容/領域 健康、実習指導Ⅰ(教職課程・保育士養成課程)、体育実技(健康福祉学科)

【厚生労働省 社会保障審議会児童部会専門委員、鴻巣市次世代育成支援対策地域協議会委員】

受験生へのメッセージ

AI(artificial intelligence)の出現と広がり...既存の社会の枠組みや人間の生き方が変わろうとしています。こうした世の中の転換点を「生き抜く力」は乳幼児期に「全身を没入させる経験」である「遊びこむ体験」から生成されます。子どもの主体的な遊びを「ウエルビーイング」「健康」「楽しさ」「面白さ」「プレイワーク」をキーワードにして学びましょう。私もみなさんと共に頑張ります!

清水 将之 准教授<

田村 美由紀 准教授 

専門分野:社会環境医学、学校保健、健康教育、発達神経科学
担当科目:人間関係、子どもの保健、子どもの健康と安全、実習指導Ⅱ・Ⅲ

受験生へのメッセージ

子どもの一つひとつの言葉や行動の中には、様々な思いが込められています。保育者として、その思いのそばで寄り添い、子どもの命を守ります。これから保育者になろうとしている皆さんは、不安でいっぱいかもしれませんが、大学で学び、実習の経験を通して保育のスキルは少しずつ身についていくので大丈夫です。私はみなさんの背中を力いっぱい支え、必要であれば押し、疲れたときは休憩できるような教員でありたいと思っています。お会いできることを楽しみにしております!

田村 美由紀 准教授

常深 浩平 准教授 

専門分野:認知心理学、教育心理学、発達心理学
担当科目:教育心理学、言葉、教育相談、実習指導Ⅱ・Ⅲ 等

受験生へのメッセージ

こどもや障がいを理解することは、自分や人間を理解することにつながります。専門職として必要な知識、技術を学び、能力を育てながら、同時に自分について、人間について改めて理解を深めていきましょう。その経験は、広い意味で他者を、そして大切な人を理解することの礎となります。共に成長していきたいと思います。

常深 浩平 准教授

中西 一弘 准教授 

専門分野:スポーツ健康科学
担当科目:幼児体育 体育実技 健康科学論 実習訪問指導 他

受験生へのメッセージ

こどもたちは、遊びが大好き!特にからだを動かすことが大好きです。そして、楽しい遊びを教えてくれる先生のことも、とっても大好き。運動が得意な子もそうでない子も、みんながのびのび遊べる楽しい「運動遊び」を探求しましょう。

中西 一弘 准教授

中村 三緒子 准教授

専門分野:教育社会学
担当科目:自己表現・グループ表現、教育課程総論、実習指導Ⅰ 等

受験生へのメッセージ

子どもが豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにするために保育者はどのような援助・配慮をする必要があるか考えてみましょう。現場で様々な年齢の子どもに対応できるように、一人ひとりの子どもの発達や生活の流れへの関心と理解を深めながら、乳幼児期の教育や指導法について一緒に学びましょう。

中村 三緒子 講師

諸井 サチヨ 准教授 

専門分野:音楽
担当科目:音楽と表現、実習指導Ⅰ他

受験生へのメッセージ

幼稚園教諭、保育士には様々な専門的スキルが必要となります。その中でも、幼児歌曲の弾き歌い、ピアノ演奏に関しては不安がいっぱいだと思います。本学では一人ひとりのレベルに合わせて、少人数制での丁寧なレッスンをおこない、技術向上を目指していきます。たくさんの幼児歌曲を知り、理解し、歌えるようになり、弾き歌いができるようになります。将来、自信を持って子どもたちと音楽活動ができるように音楽担当教員全員で皆さんをサポートしていきます。一緒にがんばりましょう。

諸井 サチヨ 准教授

山田 修平 准教授 

専門分野:造形
担当科目:図画工作と表現、造形、実習指導Ⅰ等

受験生へのメッセージ

保育者に求められることは、子どもが自由に主体的に表現を楽しむ場所と時間を作り、その表現に耳を傾けることができることです。子どもたちに絵を上手に描かせる指導力ではありません。大学では、みなさんが表現が好きになれるよう授業を進めます。その上で子どもにとって「なぜ表現が必要なのか」を学んでいきましょう。

山田 修平 講師
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー