学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

介護福祉コースこども学科

一人ひとりの心身の状況に応じた介護が実践できる介護福祉士を育成します。

超高齢社会に突入し、介護の現場では総合力の高い人材が必要とされています。本コースでは、入学後早期から始める少人数制の実技演習を通して、確かな介護技術を身につけながら、コミュニケーション能力や豊かな人間性を養い、介護福祉士の国家資格取得をめざします。

教員ブログ

一覧へ

学科の特徴

ポイント1
「共生(ともいき)」の精神を基礎に思いやりのある人材を育成介護福祉コースでは、授業や多くの実習を通して、自分自身の実感をもって、「共生」の精神を学ぶことができます。介護福祉に携わる人間として、自分がどのようにありたいのか、多くの実習で現場を体験することで、具体的な将来像が描けるようになります。
授業以外でもボランティアに参加できる機会もたくさんあり、他者と共に歩むためにできることを、日々考えさせられます。ここで培った考え方は、介護福祉以外の職場でも求められるものです。
ポイント2
社会福祉の視点を備えた介護福祉士を育成日常生活や作業のサポートなど、利用者さまの気持ちに寄り添い、直接ふれ合って支援を行うのが介護福祉士です。介護福祉コースには、社会福祉のあり方や社会保障の実状など、介護と社会を結びつけて、より深く介護福祉を考えるための授業が数多くあります。授業や実習を通して得た社会福祉の視点は、現場に出た時に必ず役に立ちます。また、より良い介護の実現のためには、地域での連携が欠かせないという点もよく理解できるようになります。
ポイント3
ゼミを中心とした少人数教育で、自分の夢に大きく近づくゼミをはじめ少人数制の授業が多く、先生との距離がとても近いのが特徴です。授業でわからないことがあればその場で質問し、疑問を解決することができるので、知識が確実に身につきます。同時に、友人たちとの距離も近く、同じ夢を目指す仲間として、切磋琢磨することができます。実習や就職活動など、さまざまな面でも先生方が相談にのってくださるので、 安心して自分の夢に向かって学びを深めていくことが できます。
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー