学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

先輩の声

  • 大沼さん

    勤務埼玉医科大学病院

    大沼 さん
    2019年3月卒
    埼玉県立久喜高等学校 出身

    退院する患者さまの明るい表情がやりがいに。「病院の顔」として、成長を続けていきたいです。

    主に入院される患者さまの、保険証のチェックや患者情報登録を担当しています。入院時には不安そうだった患者さまやご家族が、明るい表情で退院して行く姿を見ることがやりがいです。患者さまと接する際は、「病院の顔」としての自覚を持ち、言葉遣いや態度に気を配っています。また保険点数の計算では、ミスがないよう細心の注意を払っています。淑短で習ったホスピタリティコミュニケ ー ションや医事コンピュータは、とても役立っています。今後はもっと医療や福祉の知識を増やし、医師や看護師、医療スタッフ、福祉担当者と患者さまをつなぐ役割を担っていきたいです。

  • 小泉さん

    内定東京ベイ・浦安市川医療センター

    小泉 さん
    2020年3月卒
    千葉経済大学附属高等学校 出身

    「この病院で良かった」と患者さまに思ってもらえるような対応をしたいです。

    就活でいちばん力を入れたのは面接です。うまく話すことより気持ちを伝えることが大切、というゼミの先生のアドバイスを受け、本番では答えに詰まっても、最後まで笑顔で話すことを心がけました。後から面接官の方に「笑顔で患者さまに対応しているところが想像できた」と言っていただき、内定につながりました。模擬面接と振り返り練習は、仕事への思いを見直す作業でもあり、就活のモチベーションキープにも役立ちました。実務でも笑顔を大切に、患者さまを第一に考えた対応をしていきたいです。

  • 野村さん、松本さん、昌本さん

    3名 内定医療法人社団協友会 柏厚生総合病院

    左/野村 さん
    2020年3月卒
    松戸市立松戸高等学校 出身
    中/松本 さん
    2020年3月卒
    松戸市立松戸高等学校 出身
    右/昌本 さん
    2020年3月卒
    千葉県立印旛明誠高等学校 出身

    リラックスして面接に臨めたのは、心強い就活サポートのおかげです。

    人と話すことが好きなので、将来は接客の仕事を考えていましたが、看護師の叔母から病院には医師や看護師以外の人と接する仕事があると聞き、医療事務の仕事に興味を持ちました。就職活動中は、ゼミの先生の手厚いサポートが支えになりました。産休など制度が充実している内定先の総合病院も、一生仕事を続けたいという希望を理解してくれていた先生の勧めでした。面接対策では自己PRの丸暗記にならないよう、まず自分を知ることから始まり、芯の部分をしっかり作ることを重視していたので、想定外の質問が来ても慌てずプレることなく自分を出せました。(松本さん)

  • 野村さん、松本さん、昌本さん

    4名 内定医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院

    左から
    船津 さん
    2020年3月卒
    川越市立川越高等学校 出身
    齋藤 さん
    2020年3月卒
    本庄第一高等学校 出身
    湯本 さん
    2020年3月卒
    埼玉県立松山女子高等学校 出身
    小川 さん
    2020年3月卒
    埼玉県立松山女子高等 出身

    忙しい時でも、笑顔を忘れずに患者さまに接していきたいです。

    子どものころ通院していた病院の「受付のお姉さん」に憧れたのが、医療事務をめざすきっかけでした。就職活動では、とにかく面接が苦手だったので、ゼミの先生に集中して指導していただきました。練習の時は模擬面接のやり取りをすべて記録して、その場で添削していただき、それを読み返しながら、受け答えを考えていきました。内定先は、実習でお世話になった病院です。忙しい時も職員の方が患者さまにまめに声をかけ、実習生にも丁寧に指導してくださる、とてもあたたかい雰囲気でした。実習でも笑顔をほめていただいたので、実務に就いても笑顔を忘れず患者さまに接していきたいと思います。(齋藤さん)

TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー