学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

社会福祉コース

人の心を理解し、的確な判断力を持つ社会福祉の専門家を育成します

家庭や地域のつながりが薄れるなかで、児童や高齢者、障がいを持つ人、生活困窮者などを支援するソーシャルワーカーの必要性が高まっています。社会福祉コースでは、社会福祉に関する知識や対人援助技術を身につけ、専門職としての倫理観や共生の心で的確な判断ができる社会福祉士をめざします。

教員ブログ

一覧へ

学科の特徴

ポイント1
社会福祉を基礎として多彩な進路選択が可能社会福祉コースには、数多くの進路が用意されているのが特徴です。 高齢者を中心とした各種福祉分野や障がい者施設への就職はもちろん、一般企業でも福祉の精神は求められています。また、短期大学部で得た社会福祉の知識をベースに、医療や看護の知識も得たいと、さらに学びを深めるため、4年制大学や専門学校への進学を決める学生もいます。
ポイント2
社会福祉の伝統校「淑徳大学」へ優先的な入学が可能卒業後、就職以外にも4年制大学への進学という選択肢を持てるのも短期大学の魅力のひとつです。社会福祉士合格者数が全国トップクラスの淑徳大学へは優先的な編入制度もあり、さらに学びを深めたい方には魅力的な環境が整っています。4年制大学への進学に不安を抱えている方は、2年間で考える時間があるため、進路先を熟考できます。
ポイント3
社会福祉士に必要な授業を2年間で凝縮して学ぶ本学の社会福祉コースでは、社会福祉士の受験資格を得るために必要な講義、演習、実習のすべてを、2年間で学ぶことができます。ゼミも1年次から始まり、数々の福祉の現場に足を運ぶなど、実践的な授業を行います。2年間に凝縮された学びを修めた後、卒業生たちはいち早く社会福祉の現場に入り、社会人としてのキャリアをスタートさせることができます。
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー