学科案内
夢や目標、学びたいことがきっと見つかる

社会福祉コース

人の心に寄り添い、生きる力を引き出す社会福祉の専門家を育成します。

児童や高齢者、障がい者、生活困窮者などの苦しみに寄り添い、その人が本来持つ「生きる力」を引き出すのがソーシャルワーカーです。本コースでは、社会福祉の専門職としての知識や対人援助技術、倫理観を学びます。また、実習やボランティア活動を通して「援助しながら、自分自身も生きる力をもらう」体験を積み重ね、「利他共生」の精神を社会福祉の現場で活かすことのできる人材を育成します。

教員ブログ

一覧へ

社会福祉コースの特徴

ポイント1
社会福祉施設にとどまらない、多彩な活躍フィールド社会福祉コースは福祉全般の知識を幅広く学ぶため、多様な進路をめざすことができます。高齢者を 中心とした各種福祉分野や障がい者施設、病院・クリニックだけでなく、一般企業でも福祉の精神は 求められています。また、本学で得た社会福祉の知識をさらに深めるために4年制大学に編入する学生や、医療や看護の大学・専門学校に進学する学生もいます。
ポイント2
多彩なポランティアを通して身につける「利他共生」の精神建学の精神である「利他共生」には人々に"感謝"の気持ちを持つという思想があります。本学では 必修科目として「共生論」がありますが、本コ ー スでは数多くのボランティア活動を通して社会福祉 の根源でもある【共に生き、共に生かし合う】という価値観を身につけます。
ポイント3
社会福祉士の基礎となる授業を2年間に凝縮本コースのカリキュラムは、社会福祉土の受験資格を得るために必要な講義・演習・実習のすべてを 2年間に凝縮。また、各種福祉施設での見学やボランティア活動に積極的に参加し、実践力を高めます。これからの社会福祉土には、社会や人々の変化を敏感に察知し、新しいことを吸収し続ける姿勢が 求められます。そのための基礎となる「自主的に学び続ける力」を、2年間を通して育みます。
TOP of PAGE
メインメニュー
対象者別メニュー